相続での不動産相談について

家族に万が一のことがあった場合など、親から子へと相続によって所有することもあります。

相続の発生によって親が所有していた不動産を譲り受ける場合、税金がかかります。

さらに自分たちが居住している不動産でなければ、日々の管理も難しいでしょう。

管理が難しいからといって、放置しておくことは得策ではありません。

なぜならその間も固定資産税を払い続けなければなりませんし、一戸建てなら傷んでしまうためです。

マンションであったとしても、その価値は下がってしまいます。

 

そこで考えられる対応策が、相続した不動産を売却するということ。

しかし相続不動産の売却は、名義変更が必要であったり、相続人が複数いる場合のトラブルなど、一筋縄ではいかないこともあります。

両親と離れて暮らしている方や、既に不動産を相続しているけれど特に活用されてない方など、ぜひこの機会に相続不動産の売却についてご相談ください。

 

①  土地や建物を相続したが売却したい

②  相続資産の分割のため、不動産を売却して現金化したい

③  相続した不動産を活用できない

④  活用することが難しい不動産を相続することになった

 

当店ではスタッフを指名の上、下記相談が可能となります。

①    メールでの相談を希望

また正式に相続資産の分割が決まっていないし、売るかどうかも分からないけど簡易査定をして欲しい。

   Mail:c.sendai@10kai.co.jp

 

②    電話での相談を希望

   メールをあまり使わないので直接電話で相談したい

   Tel:022-265-1011

 

③    面談での相談を希望

   直接会って話をしたい。法務局での調査、役所調査、現地調査など具体的内容を確認の上、

   的確なアドバイスをいたします。